クロスグリの後ろ回し蹴り

web小説紹介ブログ運営にて起きたことや、考えたことをまとめるよ。

ナンパしてたら、メンタリティの重要性について知れた

 最近は都内で、知らない人に話しかけると言う遊びをしている。

 自分はコミュ力が低いため、いろんな人と会話をすることで鍛えようと思ったのだ。

 確かにコミュ力は上がったが自分が想像していたのとは少し違った。

 技術を磨いたのではなく、もともと自分自身に内在していた個性が引き出しやすくなった……と言うのが正しい。

 

 心理学では「メンタルブロック」と言う用語がある。

「自分はこういう人間だから」と言う固定観念や、自己否定からチャンスを逃してしまう現象のことだ。

「自分は優しいキャラだから」と他人に怒れなかったり、いじられキャラを続けていたがゆえに恋愛を諦めていたり……。

俺の周りにはそういう人が多いように思う。

 

 俺は誰かと仲良くするのが苦手だ。

 理由はよく分からないが、はっきり言えるのは「他人に期待していない」ということだ。

 おそらく貧乏・毒親・母子家庭という三重苦を背負った結果だろう。

 この生まれ育ちで成功するのは難しい。

 だからこそ俺はエミネムを尊敬しているし、彼を目指して試行錯誤を繰り返している。

 

 話は戻って、今回はコミュ力とメンタリティがテーマだ。

 すれ違う他人に話しかけるというのは、想像以上に手が震える。

 何も怖いことはないはずなのに。

 たとえ拒絶されたり、悪い空気になっても死にはしない。

 お金は取られないし、通報もされないし、ネットで晒されて笑われるわけでもない。

 それでもいざ話しかけようと思うと、頭がもぬけの殻になり、心音だけが聞こえるようになる。

 

 人間は変化を嫌う生き物だ。

 きっと、今までやったことのない行動に、脳が拒否反応を示しているのだろう。

「プログラムに書いてないことをするな」と、安全な"いつも通り"を選択させようと警笛を鳴らすのだ。

 得よりも損を気にする。

 飴より鞭に動かされる。

 心理学では有名な話だ。

 だからリスクを取って新しいことをするよりも、結果の見えている"いつも通り"を選択する。

 それがメンタルブロックの仕組みであり、僕らが理想に辿り着けない理由だ。

 

 冒頭の「想像とは違った」を解説する。

 俺は色んな人に話をかけた。おかげで話術は成長したし、自己肯定感も高まってきた。

 しかし、どこかの本やブログ記事に書いてあるような「人たらしになる7つの法則!」みたいなものを意識したわけではない。

(そういう本は色々読んでいたので、無意識に実践していて、役には立った)

 俺がいつも友達にやっているようなことを、他人にもできるようになったのだ。

 ウザ絡みとか、瞬時のツッコミとか、平和的なギャグとか。そこら辺だ。

 読書によって出来たのは……感謝を伝えたり、褒めたり、気遣いの言葉を送ったり。そこら辺だ。

 

 自己肯定感が育つと、ストリートナンパもできるようになった。

 女の子に声をかける。

 女の子が喜ぶ。

 女の子の連絡先をゲットする。

 一連の流れが、更に自己肯定感を高めていく。

 詳しい話はまた後で。

 

 正のループ……そこから来る快感。それと多少の反省。脳内麻薬を出す条件が揃ってきた。

 俺はイケてないと思っていたが、そんなことはない。だって、話しかけたら歓迎されるんだから。

 そんな思考になっていき、ある日突然気づいた。

「行動力が大事だと言われる昨今だが、行動力って自己肯定感から生まれる物なのか?」と。

 

 俺は研究者気質で、プレイヤーとしては三流だ。

 知識を蓄えたり、整理整頓して、論理化するのは人並み以上にできると思っている。

 しかし、それらを用いて目標達成する……というのは苦手なのだ。

 よく色んなことに手を出すが、それは知的好奇心によるもの。チャレンジ精神ではない。

 利益を得たいとか、自分自身を成長させたいとか、そういうのはチャレンジ精神がないと身につかない……と、俺はぼんやり思っている。

 知的好奇心は、資産を増やすのがゴールではないからだ。

 

 自己肯定感が高まると、素直に利益を求められる。

 利益を求められるから、チャレンジ精神で行動できるようになる。

 チャレンジできるようになると、自分の資産と選択肢が増えていく。

 これが成功に必要な「行動力」だろう。正直今まで履き違えていた。

 

 この1年間は俺にとって、まさにメンタリティを学ぶ1年だった。

 筋トレ然り、どこぞのコミュニティ然り。空っぽの自己肯定感を徐々に上げていったよ。

 ようやくここまで来れた。知識は色々あるし、後は行動しまくるだけだ。

 ってことで、次なる難題に向けて、自分を再び奮い立たせる。

【草案】iPhoneをゲーム機として最適化

 iOS 13からめっちゃゲーム業界を意識してきたAppleさん。

 さらにはGoogleも、ゲームの月額サービスを展開するとのこと。

 こりゃゲームの時代が来るね。ソシャゲなんかじゃなくて、普通のやつをみんなでマルチプレイする感じのが流行るぜ。

 

 元々3Dアクションとかパズルゲームは、脳を鍛える効果があるのですよ。

 更にはコミュツールとしても優秀!

 我らオタクくんは日頃モテない生き物だけど、ゲーム上手けりゃ意外といけるもんだぜ!

 

 ってことで、今のうちに環境を整えておこうって話だよ。

 俺もまだお金ないから、半分くらいはイメージで語るけどね。

 

1,スマートフォン

 

 当たり前だけど、良いスマホがないと話にならない。

 ハイスペックな物じゃないと色んなタイトルができないし、女の子にも格好がつかないぞ☆

 結論から言うと、iPhoneX〜11 proくらいは欲しいよね。

 iPhone6s+がギリギリ許容範囲かな? 重いゲームやると少しもっさりするけど、できないことはない。

 

2,Xbox oneコントローラー

 

 巷ではPS4コントローラーが人気らしいけど、個人的には圧倒的に箱ワン派。

 触り心地が良いし、アクセサリも良いのがあるからね。

 後は移動キーが左スティックに割り当てられることが多いので、3Dゲームやる時はそれが1番良いのさ。マイクラとかね。

 

 ちなみにAmazonXbox oneコントローラーを買うと、別で乾電池かバッテリー買う必要あるから気をつけてな!

 

3,スマホホルダー

 

 PS4とかXboxコントローラーに装着するスマホホルダーがあるんよ。

 それ使うと、どこでもスマホ見ながらコントローラー握れるわけね。

 椅子に座ったり、立ったり、寝そべったり、ステッパー踏んだり……。長時間ゲームすると、ちょくちょく体勢を変えながらプレイすることになるからね。ほぼ必須アイテムだよ。

 

3,スマホケース

 

 人の好みで決めていいとは思うんだけど、合理性を追求するならマグネット分離型の手帳ケースかなぁ。

 手帳型だと画面拭きとかタッチペンを収納できるからね。

 モバイルバッテリーケースは発熱が怖すぎたのでオススメはできない。

 

4,スマートウォッチ

 

 ゲーム中は時間も見れないし、通知OFFにするものだから、LINEとか電話を教えてくれる存在は必要だね。

安物でも良いと思うけど、どうだろ。

 

5,冷却ファン

 

 これマジで必要だからな。

 重いゲームやってると、iPhoneXSでも発熱してくる。ガチでスマホの寿命が縮まる。

 軽〜中くらいのゲームだとしても、同時使用するアプリによっては危険だからね。

 あまりにも熱をもつと強制シャットダウンするし、本気でやるなら備えとけ。

 

6,充電関連

 

 モバイルバッテリーに関しては、完璧にオススメできるものはないかもなぁ。どれも一長一短。

 現在、iPhoneだとBelkin、mophie、Native Union、Anker、Logicoolの製品しかQiできない? って聞いたから、そこら辺のやつを選べば良いんじゃね?

 俺は今、スタンド式のワイヤレス充電器が欲しいなぁ。後はスマホにくっつくタイプのモバイルバッテリー。

 

 

 

 大体こんなところかな?

 ケーブル、保護フィルム、サブ端末、スピーカーあたりはわからんからいいや。

 あ、iPhone使うならイヤホンはDr.dreAirPodsの2択だからな!

iPhone XS買った

 とりあえずiPhone XSを購入した。

 正直コスパそんなに良くないから、最初は「Android機種でもいいかな」と思ってたんだけど、やっぱものづくりしている身としては、ガジェットに妥協はできなかった。

 iPhoneXSはカメラの性能がめっちゃいいし、音質もそれなり。当然、処理能力も高い。

 これ一つあればそれなりの音楽は作れるし、最近流行りのユーチューバーの活動もできる。やるかどうかはちょっと悩んでるけどね。

 

 しかし、スマートフォンだと画面が小さすぎて、イラストや文章の制作に不向きだったりする。物書きメインの人間だから、これはちょっと痛い。

 でも、簡単な文章なら音声入力でスラスラ書けるし、縦書き小説の執筆にもいた、アプリもある。

 

 というわけで、最近は音声入力に慣れるために喋って執筆するようにしている。この記事もほとんどが音声入力で書かれている。

 今のところ使い勝手はめっちゃいい。ブログとか小説もこんな風に書こうかな。

 

 ただ、音声入力って、執筆者としてはめっちゃ楽だから助かるんだけど、俺なんかは元々そんなに喋りが上手くないから、どうしても冗長な文章になってしまう。推敲必須。

とりあえず3月くらいに上京する

 1年くらい活動休止をしているわけですが、僕は元気です。

 今思ってることを簡易的にまとめる。

 

・現状

 筋トレも3ヶ月くらい続けて体調もそれなりに良くなった。

 でも活動再開は難しい。今の環境が悪すぎて、これ以上の自己改善の見込みはないと判断している。具体的には人間関係、経済面、交通、食生活。

 

 KaKuKaKuプロジェクトについては、生活水準が上がったら再開したいと思ってる。記事ネタが100以上溜まってるからね。

 今まで時間をかけたというサンクコストもあるけど、僕の人生において「世のクリエイターを支援する」という活動は、避けて通れないと思うので。

 

・目標

 タイトルの通り、上京する。

 自分で出来ることは色々やってきたけど、今の環境で頑張り続けるのは不可能に近いかと。

 だったら今と違う環境に行って、そこで何か起きるのを期待する方がまだ現実的でしょう。

 簡単に言えば、これはギャンブルなんだよね。とりあえず行動すれば何か起きるし、行動しまくればいつか成功するかもしれない。ただそらだけの話なんよ。

 

・これからの活動内容

 あんまり複雑にするとコケそうだから、シンプルに1つだけ、「これだけは絶対にやる」というのを挙げる。

 上京したら、とりあえず色んな人に話しかける。色んな人と仲良くなる。

 底辺が「人生」っていうクソゲーに勝つには、運ゲーをするしかない。

 運ゲーって何かというと、それは人との繋がりなんよ。

 単純に考えて、友達の数が多ければ多いほど様々なイベントが起きる。美味い仕事をくれるかもしれないし、逆に金を取られるかもしれない。どっか遊びに行った時に意外な体験をすることもある。

 そういった物に賭けるしかないなって感じだね。僕はまだ若いから、出会いのチャンスが残されてるのも大きい。

 

 んで、いくら出会いに期待すると言っても、何もない底辺にチャンスを与えるお人好しってあまりいないと思うんよ。当たり前だけど。

 だから、今は小説とか音楽とか、色々作っちょる。「僕、こんなこと出来ますよ」って証明できる物があれば、助けてくれる人は必ず現れると思うから。

 今製作途中なのは、デモテープ代わりになりそうな音源。3曲くらい完成させてんだけど、個人的には良い感じ。

 後はこれまでの財産だね。ブログとか、10年ほど前にゲーム実況者として活動してた頃のデータとか。

 恋愛とか健康の知識もかなり仕入れてるんだけど、これはどうかなぁ。使えたら良いけど。

最下層から再稼働

 色々あって、筋トレしたら気分も前向きになったので活動再開。

 言うてもブログのほうは儲かりづらいので、別のことをするよ。

 

・無能のビジネス戦略

 端的に言うと以前話してた新メディア云々の話なんだけどね。あれ実は計画だけで全然進めてなかったんだ。てへっ☆

 言い訳を述べると、数字の作り方が分からなかったんだ。「良いもの作ってりゃ人は集まる」なんて昔は言ってたけど、それは健康的な人間にしか辿れない道筋なのよね。貧乏人は努力する権利すらないんだよ。

 だから出来るだけコストをかけずに生活水準を上げる必要がある。簡単に言えば「ギャンブルで一攫千金!」みたいな話になるんだけどね。アホみたいに思われるかもしれないけど、何もない人間はそれくらいしか出来ることがないんだ。

 

・モチベーションの話について

 あまり大きな目標は掲げないようにしようと思う。小目標を立てて、それを重視する。できれば数秒……長くても1日で効果を実感できる目標を。

 新メディアに関してはターゲティングからマネタイズまで作れてるけど、当面は実験という名目で取り組もうと思う。基礎能力向上のトレーニングと、新しい友だちができるかどうかってところに焦点を当てていこうかな。

 

・悩み

 ただ不安を吐き出したいだけなんだけどさ、今計画してる新メディアって、短期間で中品質コンテンツを量産することが大前提になってるんだよね。そういうの今までやったことないのよ。

 続くかなぁ……。いや、やるしかないんだけどさ。ネタ自体は保つと思うけどね。今すぐできるはずなのに、まだやってないんだなぁ。嫌な予感しかしないんだ。怖い怖い。

 しっかりやらなきゃ!って気持ちが逆に動かなくさせてるんだよね。まずは「テキトーにやってもいいんだ」ってマインドになることから始めないと。だから最初のうちは採算度外視の自己満コンテンツ作ろうかな。

筋トレとか禁煙とか新しいこととか

・筋トレについて

 筋トレを始めて1ヶ月経ったよ。

 マッチョになって健康的になったり、メンタル良くしたり、人生のモチベーションを上げたり、モテたりってのを目指してるよ。

 まだ大した変化は現れてないけど、食欲はめっちゃ増えた。ラーメン普通盛りで満足してたけど、超大盛り+野菜増しじゃないと満足できないくらいだよ。

 後、ランニングめっちゃ気持ちいい。ニコチンより気持ちいい。

 

・禁煙について

 去年あたりから、タバコ吸うとえづく体質になったよ。

 さすがに体に悪いだろうから、しばらく禁煙するよ。

 iQOSは美味しすぎるのでやめて、ゴールデンバットを1日5本まで。それ以外はプルームテックで代用するよ。徐々に減らしていくよ。

 おかげで頭動かねえよ。

 

・新しいことについて

 最近は小説どころか文章も書いてないし、大して本も読んでないよ。

 でも新しいことに取り組んでるよ。モテるために始めたものなんだけど、個人的には満足できるレベルには達してる。

iQOSとプルームテック併用のすゝめ

 タバコに関しては色々と試したけど、やっぱりiQOSとプルームテックの二刀流が最適解だということに気づいた。

 

 紙巻きは不健康で臭いし、金がかかる。

 手巻きはメリットなし。たまに太めにジョイント巻いて吸うと美味いけど。

 VAPEとウェポライザーは美味しいけど手間がかかる。

 

 iQOSとプルームテックは財布に優しいわけではないけど、やっぱりメンテナンス少なめで、コンビニで売ってるのはでかい。

 

iQOSの利点

・加熱式のなかでは1番簡単

・タバコの風味が出ている

・タバコ葉は、二度三度の再利用が可能

・ニコチン量が多く、スマートドラッグとして機能している。

 

プルームテックの利点

・臭いなく歯も汚れない

・有害物質は1番少ない

・好きな時に好きなだけ吸える

・ニコチン量が少ないのにキック感がある

 

 

 作業中や知的労働中はiQOSで脳機能を高めて、それ以外はプルームテックで減煙って感じがスモーカーにとって1番良いね。

 

 

プルームテックの使い所

非喫煙者の前

・寝る前、歯を磨いた後

・口唇欲求を満たしたい場合

・禁煙のストレスを和らげる

・喫煙者との会話中

 

 喫煙者同士で会話する時は、無限にタバコを吸ってしまい、依存度と健康被害がマッハで加速するから、それを防ぐためにプルームテックは優秀。

 

 タバコ初心者、禁煙中、女性、喫煙者と話を合わせない時など……あまり多くのニコチンを必要としない人はプルームテックのみを利用したほうが良い。1日ニコチン2mg未満なら健康被害も少なく、依存度も低くて済むみたいな話をどっかで聞いたことがある。